記事一覧

最適な業者選びを

ダンボール

特殊清掃が必要な場合は

遺品整理とは、故人の残したものを整理し、必要に応じて処分したり、遺族で分配したりする作業のことをいいます。家族が一緒に住んでいれば、遺品整理はたいてい家族や親族のみで行えますが、問題となるのは故人が一人暮らしをしていた場合です。福祉住宅や老人ホームなどにいたのならばそこまで片付けが大変になることはないですし、入院した結果亡くなったりした場合ならば簡単ではなくてもある程度準備しておくこともできます。問題なのは孤独死してしまった場合です。孤独死とは一人暮らしの人が誰にも知られずに亡くなることです。富山でも発生しており、年々増加傾向にあります。富山でも過疎化と高齢化が進む地域ではかなり深刻な問題となっており、このような場合の遺品整理は困難を極めます。遺体の状況によっては単なる片づけと不要品処分ですまないことがあるためです。単なる片づけと不要品処分ですむ場合ならば、まず遺族が貴重品や形見分けにもらうものを見極めておき、残りはすべて業者に頼めばだいたい問題なく完了します。ですが富山でも多い孤独死のケースでは、異臭や遺体の腐敗などが起きていることがありえ、そもそも中に入れないことも多いものです。このような場合特殊清掃を依頼する必要があります。特殊清掃と遺品整理を同時に行ってくれる業者だと手間が省けて費用も節約できるのでおすすめですが、いずれもきちんとした技術と誠意が必要なのできちんと見極めましょう。富山の業者もピンキリなので、いくつか比較して見極めるのがおすすめです。